シニアの住み替え 住み慣れた家は売却?それとも賃貸で?

カテゴリー: 住まいのハテナ? | 投稿日: | 投稿者:

シニア世代になると家族構成も変わり、生活のスタイルも現役時代と同じではなくなります。
住み慣れた家も子供達が出ていけば、使わない部屋に不用品がたまり、掃除が大変!なんてことも。
家が広すぎる、老朽化が進んだ・・
そこで、住み替えを検討している方も多いのではないでしょうか・・
でも住み替えと言ってもどこからどう考えればいいの?
自宅を売却して利便性の良い新居に住み替えたい!
まだまだ使える家は賃貸で貸して、家賃収入を得ながら老後を暮らしたい!
それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。
売却後の新居購入、又はリフォームをして賃貸へ。
どちらにせよ、得られる金額とかかる金額をよく検討することが大切です。
売却が成立すればまとまった資金の見通しがつき、新居購入や転居などの費用も予算のバランスを考えやすくなります。
しかし、思った金額で売却できるかはわかりません。時間がかかる場合もあります。
一方、賃貸で貸す場合、ある程度のリフォームが必要となる場合があります。
貸した後も、大家として建物や設備の修理・交換などの費用がかかってきます。
建物を管理していく経費と家賃収入のバランスをよく考える必要があります。
また、借り手が途切れなく続く保証はありません。
どちらにせよ、検討するなら早いほうが良いでしょう。
引越しなど介護が必要になってからでは難しくなっていきます。
ここで 【当店でおすすめの情報をひとつ!!】
売却ではなく、暫くは賃貸で家賃収入を得たい!
売却は子供達が落着くまで少し先に延ばしたい! などのご希望の方
「マイホーム借上げ制度」をご存知でしょうか。マイホームを賃貸で貸します。
・1人目の入居者が決定後は、空室になっても査定最低賃料を保証してくれます。
・3年定期借家契約だから、3年おきに継続かマイホームに戻るか選べます。
・移住・住みかえ支援機構(JTI)が転貸するので賃借人とのトラブルの心配は無用です。
自宅が広すぎると感じるシニア世代の家を、子育て世代に借りてもらう
国の基金が入った安心できる制度です。
より詳しい情報は、当店へご連絡下さい!市原市唯一、協賛事業者登録しております。
ハウジングプランナーが居るので、制度について詳しいご説明をさせていただきます。
住み替えを考えているシニアの方、より良い選択のひとつに是非ご検討下さい。
有限会社らんどぷらす 千葉県市原市松ヶ島1-16-26
TEL:0470-20-1711  FAX:0470-20-1733
ハウジングプランナー 朝生:090-3682-5724
前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る