水道管凍結・破裂と火災保険

カテゴリー: 住まいのハテナ? | 投稿日: | 投稿者:

今年の冬は寒い! 関東南部でも大雪が降って色々な影響が出ました。
ここ関東でも、平年になく最低気温が氷点下になる日も増えています。
ニュースで耳にする水道管の凍結・破裂には注意が必要ですね。
外の気温がマイナス4度以下になった時や、一日中氷点下が続いた時など、水道管の凍結・破裂から断水、水漏れ事故が発生します。
水道管が家の外に露出している場合は特に凍結の可能性があります。
学生さんなどが帰省などで長く家を空けた時に、水道管が凍結・破裂して室内が水漏れとなった場合、発見が遅れれば損害額がかなりの額となります。
このような時に役に立つのが火災保険です。補償範囲は「火災」だけでなく給排水設備に生じた事故などによる水漏れも補償されます。室内や家財が水浸しになった場合だけでなく、上階からの水漏れが原因の被害にも該当します。
不注意で家主に損害を与えてしまった時は、「個人賠償責任補償」をセットしておけば補償対象となります。
まずは水道管の凍結・破裂をおこさないようにする事が先決ですが
凍結事故防止に有効な方法が「水抜き」です。
水抜きをすることで水道管の中にたまった水がなくなり、凍結を未然に防ぐことができます。
水抜栓や不凍栓が設置していない地域では、水道メーターの元栓を閉めてから、部屋の中の蛇口を開けて中の水を抜く方法も効果的です。その他給湯器の取扱いは説明書をよく読んで水抜きをしてください。
他に水道管の露出している部分を保温材やタオルなどで保護するだけでも効果があります。
水道メーターや給湯器付近、室内側の水道管・蛇口付近なども有効です。
又は、水道管の水が常に流れた状態であれば、水は凍りにくくなります。
就寝前に浴室などの蛇口から水を少し出しておけば、凍結を予防できる場合があります。
できれば水道メーターから一番遠い蛇口がおすすめです。
この先もまだ寒波がやってくる気配です。
大きな事故・損害を出さないよう充分に注意したいものです。
また、万が一の事故に対処できるよう 加入保険を見直すことも必要かも知れません。
らんどぷらす よしまる
前のページにはブラウザの『戻る』でお戻りください。
ページトップへ戻る